錦織、初戦で敗れる ゲリー・ウェバーOP

[ 2013年6月12日 21:35 ]

シングルス2回戦でリターンする錦織圭

 男子テニスのゲリー・ウェバー・オープンは12日、ドイツのハレで行われ、最新世界ランキングで自身の日本男子最高を更新して13位に上がった第4シードの錦織圭(日清食品)が初戦のシングルス2回戦で世界ランク29位のミハイル・ユージニー(ロシア)に1―6、7―6、3―6で敗れた。

 四大大会第2戦の全仏オープンのシングルスで日本勢として75年ぶりに16強入りした錦織は、24日に開幕する第3戦のウィンブルドン選手権に臨む。

 ▽錦織圭の話 僕の(芝コートの)最初の相手としては強かった。1セット目は様子を見る間もなく終わってしまった。きょうは(芝の)1戦目だし仕方ない。もう少し芝のフォアハンドの調整をしたい。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年6月12日のニュース