北の湖理事長 白鵬のモンゴル相撲参加「問題はない」

[ 2013年6月12日 06:00 ]

 白鵬が7月の名古屋場所後に地元のモンゴル相撲の大会に参加を熱望していることについて、北の湖理事長(元横綱)は一定の理解を示した。

 この日、東京両国国技館で「(参加に)問題はない」と話した。他の競技との掛け持ちは寄付行為などにも明確な規定はないが「ケガだけが心配。(競技の)やり方が違うし、(9月の秋)場所もあるから」と協会トップはくぎを刺した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年6月12日のニュース