桐生がダイヤモンドリーグ出場 異例!日本の高校生招待

[ 2013年6月12日 16:47 ]

 日本陸連は12日、男子100メートルで4月に日本歴代2位の10秒01をマークした17歳の桐生祥秀(京都・洛南高)が、今月30日に英国のバーミンガムで開催されるダイヤモンドリーグ(DL)第7戦に出場することが決まったと発表した。

 DLは国際陸連が2010年に新設した最高峰シリーズで、前身のゴールデンリーグを含めて日本の高校生が招待されるのは異例という。

 日本選手権では2位になり、世界選手権(8月・モスクワ)代表に初めて選ばれた桐生は「世界を感じてきたい。失うものは何もなく、失敗も含めて全てがかけがえのない経験。未知の世界ですが、楽しみで今からわくわくしている」とコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年6月12日のニュース