福士、野口ら登録 全日本実業団対抗女子駅伝

[ 2012年11月28日 17:04 ]

 全日本実業団対抗女子駅伝(12月16日・宮城県松島町中央公民館前~仙台市陸上競技場=6区間、42・195キロ)に出場する29チームのエントリー選手が28日に発表され、長距離の第一人者、福士加代子(ワコール)、アテネ五輪マラソン金メダルの野口みずき(シスメックス)が登録された。

 東日本大会で初優勝したユニバーサルエンターテインメントは横浜国際女子マラソンで日本人トップの2位だった那須川瑞穂、ロンドン五輪1万メートル9位の新谷仁美らが入った。昨年優勝の第一生命は五輪マラソン代表の尾崎好美らがメンバー入りした。

 他の五輪マラソン代表では木崎良子(ダイハツ)、重友梨佐(天満屋)も名を連ねた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年11月28日のニュース