添田 格上と接戦も一歩及ばず「出し切った感じ」

[ 2012年8月29日 06:00 ]

男子シングルス1回戦で米国のマーディ・フィッシュに敗れた添田豪

テニス全米オープン第1日

(8月27日 ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)
 世界ランキング55位の添田は第23シードのフィッシュに第1、第2セットともに先にブレークされながらも追いついてタイブレークに持ち込んだが、あと一歩及ばなかった。

 負けはしたが、地元の声援を受けた格上と互角の戦いを演じ「“勝ちビビリ”じゃなくて無心で追いついてのタイブレーク。出し切った感じ」と納得の表情だ。今季はウィンブルドンで4大大会初勝利を挙げ、ロンドン五輪にも出場。遅咲きの27歳は「もうちょっと勝ちたかった。まだまだ欲はいっぱいある」と意欲たっぷりだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2012年8月29日のニュース