元日本代表セッター 松浦がアゼルバイジャン1部へ移籍

[ 2012年8月29日 14:09 ]

 バレーボールのプレミアリーグ女子、NECに昨季まで所属した元日本代表の松浦寛子(22)が29日、アゼルバイジャン1部リーグ、アゼリョルサービスへ移籍することが決まった。マネジメント会社が発表した。9月上旬にチームへ合流する予定。

 松浦は180センチの大型セッターで、大分・東九州龍谷高から2009年にNEC入りした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2012年8月29日のニュース