添田、伊藤組は完敗 サーブ不調でペースつかめず

[ 2012年8月29日 10:31 ]

男子ダブルス1回戦で敗退した添田(手前)、伊藤組

全米オープン第2日・男子ダブルス1回戦

(8月28日 ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)
 男子ダブルスで添田、伊藤組はボゴモロフ、クラッセン組に完敗だった。第1サーブでポイントを奪った確率が54%と低く、ペースを握れなかった。伊藤は「サーブが全体的に悪かった」と悔しがった。

 ともにシングルスを主戦場とするだけに、ダブルスに集中できる時間は少ないが、9月にイスラエルと対戦するデ杯ワールドグループ入れ替え戦ではこのペアで臨む可能性がある。添田は「できるだけ弱点をなくしていきたい」とコンビ強化へ意欲をのぞかせた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2012年8月29日のニュース