岐阜国体 客席増設検討…五輪熱の余波想定

[ 2012年8月29日 19:18 ]

 ロンドン五輪で活躍した選手が出場する岐阜国体(9月29日開幕)の実行委員会が観客増を予想し、客席の増設や入場整理券の導入など対策の検討に入った。29日に東京都内で開かれた日本体協の国体委員会で報告された。

 五輪熱の余波を想定し、28日に関係者が集まって対応を協議したという。臨時駐車場の開設や案内係の増員のほか、客席の増設ができない競泳会場では入場できなかった人のために観戦用の大型ビジョンの設置を検討する。武藤鉄弘・岐阜国体推進局長は「うれしい悲鳴。安全の確保に努めたい」と話した。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年8月29日のニュース