「千葉ちゃん」結婚!お相手は8歳年下の競輪選手

[ 2011年12月16日 06:00 ]

競輪選手・桜川雅彦との2ショット写真を手に笑顔をみせる千葉真子、左手薬指には結婚指輪がキラリ
Photo By スポニチ

 陸上の03年パリ世界選手権女子マラソン銅メダリストでマラソン解説などで活躍している千葉真子さん(35)が結婚したことが15日、分かった。お相手は競輪選手の桜川雅彦(27)で8日に千葉・成田市役所に婚姻届を提出。既に同市内で新婚生活も始めている。

 千葉さんは「マラソン大会やイベントに参加すると皆さん家族で来られている。うらやましくて“いつか私も”って夢を見てた。夢がかなって今は穏やかな気持ちでいます」と頬を赤らめた。

 2人は昨秋、知人の紹介で知り合い、ほどなく交際がスタート。今秋にプロポーズされた。年明けにも近親者のみでの挙式を予定している。桜川は高校卒業後、会社員を経て24歳で競輪学校に入学。今季デビューした。

 「千葉ちゃん」の愛称が浸透していることから自身が主宰するランニングクラブ、ラジオ放送のパーソナリティー、マラソン解説などの仕事は今後も「千葉真子」として続ける。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年12月16日のニュース