×

35歳の京女“千葉ちゃん” 03年パリ世界選手権で銅メダル

[ 2011年12月16日 08:00 ]

笑顔で結婚報告する千葉真子さん

 陸上の03年パリ世界選手権女子マラソン銅メダリストでマラソン解説などで活躍している千葉真子さん(35)が結婚したことが15日、分かった。お相手は競輪選手の桜川雅彦(27)で8日に千葉・成田市役所に婚姻届を提出した。

 千葉さん(本名・桜川真子=まさこ=)は1976年(昭51)7月18日、京都府宇治市出身の35歳。宇治高(現立命館宇治高)から95年に旭化成入社。96年アトランタ五輪女子1万メートルで5位入賞した。97年アテネ世界選手権同種目で銅メダル。01年に小出監督のチームに移籍し、03年パリ世界選手権女子マラソンで銅メダル。06年8月の北海道マラソンで現役引退した。マラソンの自己ベストは2時間21分45秒。1メートル55。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2011年12月16日のニュース