×

丹羽が世界選手権代表に 団体戦では初出場

[ 2011年12月16日 16:36 ]

 卓球の世界選手権団体戦(2012年3~4月・ドルトムント=ドイツ)男子代表選考会は16日、埼玉県の所沢市民体育館で行われ、丹羽孝希(青森山田高)が1位となり、団体戦では初の代表入りを決めた。丹羽は09、11年の世界選手権個人戦に出場経験がある。

 15日までの1次リーグを9戦全勝で通過した丹羽は準決勝で松平健太(早大)を4―2で下し、決勝では高木和卓(東京アート)を4―2で退けた。

 丹羽はロンドン五輪代表の水谷隼(明大)と岸川聖也(スヴェンソン)に続く3人目の代表。残り2人は来年2月までに決める。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2011年12月16日のニュース