×

【欧州選手権】鼻骨骨折のエムバペ「マスクのアイデアはある?」と投稿 今後はフェースマスク着用か

[ 2024年6月18日 13:21 ]

オーストリア戦の後半、右手で鼻を押さえ途中交代となるフランス代表FWエムバペ(中央)(ロイター)

 サッカーの欧州選手権ドイツ大会で17日に行われたオーストリアとの1次リーグ初戦で鼻骨を骨折したフランス代表エムバペ(25=パリSG)が自らのSNSで「マスクのアイデアはある?」と投稿した。

 後半40分の左FKで相手選手とヘディングで競り合った際に鼻骨を骨折。流血して退いた。フランス・サッカー連盟のディアロ会長によれば、手術は回避。エムバペ自らマスクのアイデアを募集したことから、今後はフェースマスクを着用してプレーすることになりそうだ。

 試合は前半38分にエムバペが右クロスでオウンゴールを誘発。これが決勝点となってフランスが白星スタートを切った。勝利に貢献した怪物ストライカーだが、一方で欧州選手権は前回21年大会から5試合に出場して無得点。地元メディアでは負傷の影響で1次リーグ残り2試合を欠場する可能性も指摘されている中、回復具合と起用法に注目が集まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年6月18日のニュース