×

【欧州選手権】トルコ代表MFギュレル MOM選出でレアル指揮官に感謝「メッセージを送ってくれた」

[ 2024年6月19日 04:31 ]

欧州選手権1次リーグF組   トルコ3―1ジョージア ( 2024年6月18日    ドルトムント )

<欧州選手権 トルコ・ジョージア>白星発進を喜ぶMFアルダ・ギュレル(中央手前)らトルコ代表イレブン(ロイター)
Photo By AP

 サッカーの24年欧州選手権ドイツ大会は18日、3大会連続6回目の出場となるトルコが初出場ジョージアに3―1と勝利。スタメン起用された19歳MFアルダ・ギュレル(レアル・マドリード)が1―1の後半20分に決勝ゴールを決め、この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出された。

 初出場でヒーローとなったMFギュレルは試合後「信じられない気持ちだ。なぜならこのゴールを夢見ていたからだ。ここの人々に幸せをもたらしたかった。サポーターからは信じられないほどの愛情を感じているし、それに報いるために今後も一生懸命働くよ」と喜びを爆発。

 決勝点となったミドルシュートについては「トレーニングの最後にこういうシュートをよく練習しているんだ。試合でこのようなゴールを決めることができてとてもうれしかった。勝ててとてもうれしいよ」と明かした。

 また、所属するRマドリードとその指揮官に感謝。「実はアンチェロッティ監督がメッセージを送ってくれて、私の成功を祈ってくれたんだ。Rマドリードのサポートも私に大きなモチベーションを与えてくれた」とコメント。最後に「今日はここにいる全員の功績を称えなければならない。信じられないほど素晴らしいものだった」と代表のチームメートやスタッフに対しても感謝の言葉を伝えた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年6月18日のニュース