×

川崎F・U―18からDF松長根悠仁、MF大関友翔の来季昇格が内定

[ 2022年6月28日 15:19 ]

 川崎Fは28日、U―18所属のDF松長根悠仁(17)とMF大関友翔(17)の来季トップチーム昇格を発表した。

 松長根はセンターバックと左サイドバックをこなす身長1メートル79のDF。2月にプロ契約したDF高井幸大(17)続き、同学年のDF2人がトップチームにそろうことになった。「小さい頃からずっと見ていたフロンターレでプロサッカー選手になることができ、とてもうれしく思います。これまでお世話になった方々や、いつも熱い声援を送ってくださるサポーターの皆さんに恩返しできるよう頑張ります。まずはU―18で、クラブユース選手権優勝と、プレミアリーグEAST・ファイナル優勝という結果をサポーターの皆さんに届けたいです。自分の良さである勝ちに対する気持ちを全面に出し、1日でも早くトップチームで試合に出られるよう、日々努力していきます」とコメントした。

 大関は川崎F・U―18では10番を背負い、今年3月のU―17日本代表ではキャプテンマークを巻いて試合に出場するなど将来を期待されるゲームメーカー。「小さい頃から憧れであった川崎フロンターレでプロサッカー選手になれることを、とてもうれしく思います。同時に、いつも応援してくれていた家族、友人、これまで指導していただいた方々、そしていつも温かい声援を送っていただいているサポーターの皆様にとても感謝しています。一日でも早くトップチームの試合に出て、恩返しできるように、人一倍の努力をしていきます。応援よろしくお願いします」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年6月28日のニュース