×

初代WEリーグ王者・INAC神戸の新監督に朴康造氏「攻守ともに躍動できるサッカーを」

[ 2022年6月28日 05:00 ]

 初代WEリーグ女王に輝いたINAC神戸は27日、来季監督に朴康造氏(42)が就任すると発表した。朴氏は4月から同クラブのアシスタントコーチ、アカデミー・スクールテクニカルコーチとして指導。男女を通じてトップカテゴリーの監督を務めるのは初めてとなる。

 クラブ公式HPで「歴史あるINAC神戸の監督に就任する事ができ、大変光栄に感じております。WEリーグ初年度に優勝したチームを引き継ぐことになり、プレッシャーもありますが楽しみでもあります。目指すサッカーは主導権を握り、攻守ともに選手が躍動できるサッカーです」などとコメントした。

 朴氏は兵庫県出身で滝川二を経て98年にJ1京都に入団。03年から12年までJ1神戸でプレーした。韓国代表としても活躍し、国際Aマッチ通算5試合出場1得点の実績を誇る。

 INAC神戸は星川敬監督がWEリーグ終了後にJ3・YS横浜の監督に電撃就任。WEリーグ2連覇を目指す中、新監督選定を進めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年6月28日のニュース