×

DF谷口彰悟 代表生き残りへ「このチャンスをものにしたい」アピール誓う

[ 2022年1月20日 11:58 ]

DF谷口彰悟
Photo By スポニチ

 日本代表DF谷口彰悟(30=川崎F)が生き残りへの強い思いを語った。W杯アジア最終予選(27日=中国戦、2月1日=サウジアラビア戦)に向けた国内組による日本代表候補合宿(千葉市内)に参加中。アピールを誓い、「とにかくこのチャンスをものにしたい」と力を込めた。

 センターバックは主将のDF吉田(サンプドリア)が負傷しており欠場が濃厚で、DF冨安(アーセナル)も離脱中。「今回一つチャンスではあるなというのはもちろん感じている。でも結局結果としてチームが勝たないといけないし、後ろとしてもきちんとしたパフォーマンスをしないと次はないと思っている。とにかくこのチャンスをものにしたい。自分もできるよ、というところをアピールしていきたい」と意気込んだ。

 日本は最終予選6試合を終えてB組2位。プレーオフに回らず本大会の切符を得るには2位死守が必須となる。カギとなるホーム2連戦。「中国戦、サウジアラビア戦で代表チームとして連勝することしか考えていない。そのためにもし自分がチャンスをもらえたのであれば、自分の持てる力を全て出し切りたい」と谷口。「W杯という大きな目標に向かって動いているので、目の前の試合をこつこつしっかり集中して戦っていかないと先はない。とにかく常にいい準備をするところは変わらずやっていきたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月20日のニュース