×

脇坂が意気込み、“憲剛魂”で生き残る「代表活動につなげたい」

[ 2022年1月20日 05:30 ]

日本代表候補合宿 ( 2022年1月19日 )

中谷(左)と競り合う 脇坂(右から2人目)(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 脇坂は“憲剛魂”で生き残りを目指す。川崎Fでは今季から、20年シーズン限りで引退したレジェンドの元日本代表MF中村憲剛がつけていた背番号14を継承。重圧を感じている一方で「やらなきゃ」という強い気持ちも芽生えているという。A代表は昨年3月以来。W杯アジア最終予選も含めた今後へ「14番のプレッシャーもはねのけ、代表活動やクラブの発展にもつなげたい」と強い意気込みを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月20日のニュース