JFA田嶋会長が明言 森保監督へのサポート継続、交代「考えるタイミングではない」

[ 2021年10月14日 05:30 ]

試合後、サポーターに大声で呼びかける森保監督(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会の田嶋会長は進退が注目された森保監督のサポート継続を明言した。前日のW杯最終予選オーストラリア戦に2―1と勝利。「選手も監督もまとまっていると実感できました。昨日(12日)のような試合で勝ったときは(交代を)考えるタイミングではない。しっかりサポートして戦っていく」と話した。

 ピッチ上では人と配置を替え、勝負に出た。試合前に「君が代」が流れると涙も浮かべた森保監督。田嶋会長は「監督の重要な役割はモチベーターだと思っている。感情を高ぶらせてでもモチベーションを高めることにトライしたのだと思う」と評価した。最終予選4試合を終え、勝ち点6、B組4位と厳しい状況は続き、11月の2試合は2連勝がノルマとなりそう。14日には技術委員会でも検証される。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月14日のニュース