デンマーク 6度目のW杯出場確定、ケアー主将「もっと先まで行ける」

[ 2021年10月14日 05:30 ]

W杯欧州予選F組   デンマーク1―0オーストリア ( 2021年10月12日 )

<デンマーク・オーストリア>決勝点となるゴールを決め、祝福を受けるデンマーク代表のメーレ(中央、AP)
Photo By AP

 12日にW杯欧州予選の14試合が行われ、F組のデンマークが2大会連続6度目の出場を決めた。ホームでオーストリアを1―0で下し、8戦全勝で2試合を残して同組1位が確定。A組のポルトガルはC・ロナウドが3得点し、ルクセンブルクに5―0で快勝した。

 デンマークは8戦全勝、27得点無失点と圧倒的な成績で突破を決めた。後半8分にゴール左前でパスを受けたメーレが右足でゴール左隅に決勝点。この日は1点止まりだったが、殊勲の24歳は「重要なのは勝ってW杯切符を手にしたこと」と息をついた。欧州選手権で司令塔エリクセンが試合中に一時心停止となるアクシデントを乗り越えて4強。その後も5連勝と加速し、ケアー主将は「もっと先まで行ける」と本番での快進撃を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月14日のニュース