柏・ネルシーニョ監督、窮地に立つ日本代表へエール「オーストラリア戦の後半の戦いができれば」

[ 2021年10月14日 12:43 ]

柏・ネルシーニョ監督
Photo By スポニチ

 柏のネルシーニョ監督(71)が14日、オンラインで取材に応じた。日本代表が2―1で勝利したW杯アジア最終予選オーストラリア戦(12日、埼スタ)について「どの選手もパーソナリティーをしっかりと発揮してくれた非常に見応えのある試合だった」とサムライブルーの善戦をたたえた。

 日本は2勝2敗でB組4位。依然として窮地に立つ。柏のベテラン指揮官は、1―1に追いつかれた後の積極的にゴールへ向かう姿勢を評価し、「大事なのは日本代表がオーストラリア戦の後半のような戦いができれば、森保監督もしっかりとチームの統制をとられている監督だと思うので、自ずと結果がついてくる。しっかりと戦ってくれるよう自分としても応援したい」とエールを送った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月14日のニュース