G大阪が8強進出 J1クラブ相手に今季最多4発の圧勝 公式戦連敗「3」でストップ

[ 2021年9月22日 20:00 ]

天皇杯 4回戦   G大阪4-1湘南 ( 2021年9月22日    パナスタ )

 G大阪―湘南 前半、先制ゴールを決め、宇佐美(右)と喜ぶG大阪・パトリック(18)ら=パナスタ
Photo By 共同

 今季ベストの内容と結果で、G大阪が残り1つとなっていたベスト8の椅子を奪い取った。湘南に4発圧勝。J1クラブ相手には今季最多得点で、公式戦連敗を「3」でストップさせた。

 まずは前半2分だ。DF柳沢のクロスにFWパトリックが頭で叩き込み先制。今季最速で得点を奪うと、同24分にはMFウェリントン・シウバが自身で得たPKを決めて追加点を挙げた。さらに同43分にはMF倉田がゴール前混戦からDFのマークを外して右足一閃。前半だけで3得点を奪い、勝負を決めた。

 良さがほとんど出ずに1―3で敗れたリーグ鹿島戦(18日)からスタメン8人を変更。チャンスをもらったMF奥野やDF黒川らの躍動、そして4バックシステムへの変更が奏功した。

 トップ下のMF宇佐美が比較的自由に動き回り、そのスペースを右サイドのMF小野瀬やMF倉田が効果的に使った。左サイドのウェリントン・シウバと黒川は松波監督が求めていた相手を剥がすプレーで推進力をもたらした。またチーム全体として運動量も多く、セカンドボール回収率やデュエルでも相手を圧倒した。

 24日に天皇杯準々決勝の抽選会が行われ、26日には残留を争う柏とのリーグ戦。絶対に負けられない1戦へ向けて、大きな弾みが付く勝利だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月22日のニュース