J2東京V 前監督・永井秀樹氏のパワハラ疑惑に関しおわび、具体的報告なし

[ 2021年9月22日 05:30 ]

東京V・永井秀樹前監督
Photo By スポニチ

 J2東京Vは21日、前監督の永井秀樹氏のパワハラ疑惑に関して「『トップチーム運営状況に関するコンプライアンス委員会』からの調査結果を受けて」などと題した文書を公式サイトにアップした。調査結果などの具体的な報告はなく、おわびするとの内容。中村考昭代表取締役社長は制裁金100万円、森本譲二代表取締役代行はけん責、江尻篤彦強化部長は注意とした。

 8月にJリーグ事務局へパワハラ行為があったとの意見書が出された永井前監督は、今月1日に成績不振を理由に辞任していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月22日のニュース