C・ロナウドがフォーブス誌のサッカー選手長者番付で137億円の首位。7位は神戸のイニエスタで38億円

[ 2021年9月22日 15:43 ]

マンチェスターUのC・ロナウド(AP)
Photo By AP

 経済誌フォーブスは21日にサッカー選手長者番付を発表し、マンチェスター・ユナイテッドのFWクリスティアーノ・ロナウド(36)が1億2500万ドル(約137億円)で首位に立った。年俸と契約金の総額7000万ドル(約77億円)に加え、5500万ドル(約60億円)の副収入がある。

 2位はパリ・サンジェルマンのFWリオネル・メッシ(34)で1億1000万ドル(約120億円)、3位は同じくパリ・サンジェルマンのFWネイマール(29)で9500万ドル(約110億円)だった。7位には神戸のMFアンドレス・イニエスタ(37)が3500万ドル(約38億円)が入った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月22日のニュース