ベッカム氏次男・ロメオが米3部リーグでプロデビュー「次の試合にも全力で臨む」

[ 2021年9月20日 19:34 ]

ロメオ・ベッカム公式インスタグラム(@romeobeckham)より

 元イングランド代表のデイビッド・ベッカム氏(46)の次男・ロメオ(19)が20日、自身のインスタグラムを更新し、サッカーのプロデビューを果たしたことを報告した。

 ロメオはかつてアーセナルのユースチームに所属。現在は、父が共同オーナーを務める米国MLSのインテル・マイアミの下部チームであるフォートローダーデールCF(3部相当)に所属している。

 この日ロメオは背番号11のユニホーム姿でピッチに立つ姿を投稿し「今夜、フォートローダーデールCFでプロデビューできたことを祝いたい。次の試合にも全力で臨む」と投稿した。

 この日はトルメンタFCとのリーグ戦に先発、後半34分に交代した。試合は2―2で引き分けた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月20日のニュース