WEリーグちふれ埼玉が初の勝ち点 41歳荒川は2戦連続先発も初ゴールお預け

[ 2021年9月20日 22:05 ]

WEリーグ第2節   千葉1―1ちふれ埼玉 ( 2021年9月20日    フクダ電子アリーナ )

WEリーグ第2節千葉戦で先発出場したちふれ埼玉FW荒川恵理子(右)
Photo By スポニチ

 なでしこリーグ2部から参戦したちふれ埼玉が、2戦目で初の勝ち点1を獲得した。前半22分、古巣戦となったMF瀬戸口梢の中央からのFKに、DF瀬野有希が頭で合わせて先制。チームの今季初得点となった。前半に追いつかれ、後半は防戦一方となりながらも何とかしのいでドロー。半田悦子監督は「勝てなかったのは残念だけど、やってきたことが積み上がってきたと感じる」と前向きにとらえた。

 リーグ最年長の41歳FW荒川恵理子は開幕戦に続いて先発し、後半31分まで出場。得意の空中戦で強さを見せたものの、シュート機会は訪れず初ゴールはお預けとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月20日のニュース