大宮、ホーム開幕戦ドローで初勝ち点 “狙い通り”セットプレーから初得点 WEリーグ第2節

[ 2021年9月20日 17:31 ]

WEリーグ第2節   大宮1ー1新潟 ( 2021年9月20日    NACK5スタジアム大宮 )

 大宮がホーム開幕戦で新潟と引き分けて初の勝ち点1を挙げた。前半7分に先制されたが、後半5分にゴール正面のFKをFW高橋美夕紀(27)がカベの下を狙い、相手に当たってバウンドが変わり、GKの頭上を越えて決めて追いついた。高橋は「ピッチがぬれていたので滑らせた方がいいかと。枠にいけば誰かが触れる」と狙い通りのチーム初ゴールに笑顔を見せた。

 開幕戦はINAC神戸に完敗しただけに、何としても勝ちたかった試合。「FWとして出ている以上、決めないと。FKで決められたのはよかったが、流れの中で決められなかったのは悔しい」と貪欲だ。岡本武行監督(53)も「前半の立ち上がりで失点したが、入りは悪くなかった。自分たちからアクションを起こしてボールも取れた。フィニッシュはまだまだだが、うちの時間もつくれたし、守りの連係もできていた。勝ち点1だが、選手に感謝したい」と、前向きに捉えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月20日のニュース