ホームデビューで途中交代のメッシが握手拒否?交代後の決勝点でパリSGは開幕6連勝

[ 2021年9月20日 13:43 ]

フランス1部   パリ・サンジェルマン2―1リヨン ( 2021年9月19日    フランス・パリ )

ポチェッティーノ監督の横を通り抜けるメッシ(AP)
Photo By AP

 新加入のFWリオネル・メッシ(34)がホーム初出場を果たしたリヨン戦で1―1の後半31分に交代を告げられ、不満げにピッチを去った。ポチェッティーノ監督が差し出した右手に触れることなく、握手を拒否したとも報じられた。

 メッシは公式戦出場3戦目でクロスバー直撃のFKを放つなど好機を築いた。しかし、加入初ゴールからは見放され、後半に入って存在感が薄れていた状態。指揮官は交代に関し「我々には素晴らしい選手がいるんだ。35人もね。最高のチームをつくるために選択をしなければならない。うまくいくことがあれば、そうでもないこともある」と語った。

 結果的に後半37分から交代出場したFWイカルディがアディショナルタイムにFWエムバペのアシストで決勝点を決め、チームは開幕6連勝を達成。地元メディアの「フット・メルカート」は「最後の15分でチームがエネルギーを取り戻せるよう正しい決断を下したと監督が考えているのであれば、メッシを下げた勇気を評価する」と伝えた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月20日のニュース