WEリーグ千葉が1週間遅れの開幕戦 林主将「本当に鳥肌が立った」

[ 2021年9月20日 21:03 ]

WEリーグ第2節   千葉1―1ちふれ埼玉 ( 2021年9月20日    フクダ電子アリーナ )

WEリーグ第2節ちふれ埼玉戦で守備陣を率いる千葉主将のDF林香奈絵。スタンドには親子連れが目立った
Photo By スポニチ

 開幕節にリーグで唯一試合のなかった千葉が、ホームで1週間遅れの開幕戦に臨んだ。前半22分に先制を許したものの、同34分にMF岸川奈津希がMF鴨川実歩の右クロスに頭で合わせて同点ゴール。引き分け発進となった。

 今節では唯一の開幕戦とあり、入場者数は5会場で最多の3463人。昨季なでしこリーグでのホーム戦は最多で800人台だっただけに、主将のDF林香奈絵は「こんなに大勢の方の前でプレーできるのが嬉しい。CKの場面は拍手でスタジアムが一体となって、本当に鳥肌が立った」と感激した様子。岸川も「小学生の女の子がいたり、初めて来てくれた方も多いと思う。選手として幸せ」と感慨深げだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月20日のニュース