なでしこ高倉監督 東京五輪で岩渕の背番10“解禁” 技術&人間的にも成熟「彼女の成長を待っていた」

[ 2021年6月18日 16:16 ]

高倉監督(右)と笑顔のFW岩渕。これまでなでしこジャパンでは背番号8を背負っていた
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会(JFA)は18日、東京五輪に出場する女子日本代表(なでしこジャパン)の登録メンバー18人を発表。FW岩渕真奈(28=アーセナル)が背番号10番を背負うことについて、高倉監督は「なでしこの“象徴的10番”を今なら託せると感じた」と説明。「これまでは意図的に8番という番号を背負ってもらい、彼女の成長を待っていた」と明かした。

 高倉監督は10番という背番号について「なでしこの“象徴的10番”といえばやはり澤さんになってくると思うんですが、彼女の後に10番を背負うということは私自身のなかでもとても重い意味あると感じていて、チーム発足から岩渕はその候補の一人だった」とコメント。「このチームを背負う“顔”になると考えると潜在能力を含め人間的にも10番を託す時は成熟した時だなと感じていた。意図的に8番という番号を背負ってもらいながら彼女の成長を待っているなかで、ここしばらくのパフォーマンスや合宿での行動を見て強い自覚を感じていたので今なら託せると思った」と説明。岩渕への揺るぎない信頼を示した。

 「この大きな舞台で彼女がチームの浮き沈みを背負って立つぐらいの気迫でグラウンドで躍動してくれることを期待しています」とエース岩渕への揺るぎない信頼を示した。

<なでしこジャパン東京五輪代表メンバー>

【GK】 
池田 咲紀子(28=三菱重工浦和)背番号1
山下 杏也加(25=INAC神戸)背番号18
【DF】
熊谷 紗希(30=Bミュンヘン)背番号4
清水 梨紗(24=日テレ東京V)背番号2
宮川 麻都(23=日テレ東京V)背番号16
南 萌華(22=三菱重工浦和)背番号5
北村 菜々美(21=日テレ東京V)背番号17
宝田 沙織(21=ワシントン・スピリット)背番号3
【MF】
中島 依美(30=INAC神戸)背番号7
長谷川 唯(24=ACミラン)背番号14
杉田 妃和(24=INAC神戸レオネッサ)背番号6
三浦 成美(23=日テレ東京V)背番号8
塩越 柚歩(23=三菱重工浦和)背番号13
遠藤 純(21=日テレ・東京V) 背番号12
【FW】
菅沢 優衣香(30=三菱重工浦和)背番号9
岩渕 真奈(28=アーセナル)背番号10
田中 美南(27=レーバークーゼン)背番号11
籾木 結花(25=レイン)背番号15

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月18日のニュース