デンマーク代表エリクセン ICD装着、体内に植え込み型除細動器 突然死防ぐ

[ 2021年6月18日 05:30 ]

デンマーク代表のエリクセン(AP)
Photo By AP

 欧州選手権フィンランド戦(12日)で心停止となりながら一命を取り留めたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(29=インテル・ミラノ)が植え込み型除細動器(ICD)を装着するとデンマーク協会が17日に発表した。

 重い不整脈による突然死を防ぎ、意識を失った際に電気ショックなどで正常な心拍に戻す。状況次第で装着後も運動可能で、19年に心筋炎と診断されたオランダ代表DFブリントはICDを利用し、今大会に出場している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月18日のニュース