欧州CL制覇のチェルシーでカンテが3戦連続マン・オブ・ザ・マッチ。バロンドールの声も

[ 2021年5月30日 21:05 ]

欧州チャンピオンズリーグ決勝   チェルシー1―0マンチェスター・シティー ( 2021年5月29日    ポルトガル・ポルト )

優勝トロフィーを手に笑顔のチェルシーMFエンゴロ・カンテ(AP)
Photo By AP

 チェルシーがマンチェスターCとのイングランド勢対決を制して9季ぶり2度目の欧州制覇を達成した。その中でフランス代表MFエンゴロ・カンテ(30)がRマドリードとの準決勝第1、2戦に続き、3戦連続でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれて優勝に大きく貢献。抜群の守備範囲とボール奪取力に加え、攻撃面でも存在感を示してチームを引っ張った。

 クラブOBでBTスポーツの解説を務める元イングランド代表MFジョー・コール氏は「カンテは圧倒的。彼を見ているだけでくたくたになったよ」と絶賛。現役時代に元フランス代表MFクロード・マケレレとプレーしていた経験に触れ「カンテを見るまでマケレレが最高だと思っていたけど、カンテはマケレレにプラスアルファがある。ストライカーがゴール前で本能を発揮するようにカンテも中盤で同じことをする」と語った。

 やはりクラブOBの元ブラジル代表MFラミレス氏もブラジルのメディアで「彼はピッチのどこにでも顔を出す。守備でも中央にも攻撃でもサイドにも。世界最高の1人で彼のスタイルは印象的。世界で3本指に入る選手になるかもしれない」と指摘。さらに欧州CL制覇に加え、欧州選手権でフランスが優勝した場合に言及し「守備的MFでバロンドールを勝ち取るのは難しいかもしれないが、それに値するだろう」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月30日のニュース