浦和からオファーのマルセイユ酒井 リーグ戦残り2戦「いい形で終わりたい」

[ 2021年5月11日 05:30 ]

フランス1部   マルセイユ0ー1サンテティエンヌ ( 2021年5月9日 )

<サンテティエンヌ・マルセイユ>後半途中から出場した酒井
Photo By 共同

 浦和からの獲得オファーが明らかになったマルセイユの日本代表DF酒井が0―1で敗れたサンテティエンヌ戦で3戦ぶりに復帰した。

 座骨神経痛の影響で出場は先月17日のロリアン戦以来。後半15分から3バックの一角でプレーし「だいぶ痛みはなくなった。風も強く難しい試合だったが、悪条件でも復帰できたのは良かった」と話した。既に今夏、浦和に完全移籍することで大筋合意しておりフランスでのリーグ戦も残り2戦の見込み。「2勝するしかない。いい形で終わりたい」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月11日のニュース