オーナー交代求めるマンUファンがピッチ乱入でリバプール戦延期、マンC優勝決定の可能性があった中で

[ 2021年5月3日 03:04 ]

抗議するマンチェスター・ユナイテッドのファンら(AP)
Photo By AP

 マンチェスター・ユナイテッドの本拠オールド・トラフォードで2日に予定されていたリバプール戦がファンによる暴動で延期となった。オーナーのグレイザー家排除を求める数千人のファンが競技場外に集結。約200人が無観客で試合が行われる予定だった競技場に進入してピッチを占拠し、発煙筒をかざして抗議した。両チームの選手も会場入りできない状況で試合開始が遅れ、最終的に安全面を考慮して延期が決まった。

 マンチェスターUは欧州の有力12クラブによるスーパーリーグ(SL)参戦に合意したことで、ファンが猛反発。撤退表明後もオーナー交代を求めて抗議を続けている。この日の対戦相手リバプールもSL参戦に合意し、撤退を表明したクラブ。この試合で2位マンチェスターUが敗れれば首位マンチェスター・シティーの優勝が決まるため、大きな注目を集めていた中で衝撃的な延期となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年5月2日のニュース