中田浩二氏が森保U24に提言 五輪は「初戦が重要」&「後ろにOA選手を」

[ 2021年4月22日 05:30 ]

中田浩二氏
Photo By スポニチ

 難しい組だが、金メダルを獲るためには勝たなければいけない相手。南アフリカは身体能力が高く、メキシコは技術があってスピードと瞬発力、敏しょう性がある。フランスは厳しい欧州予選を勝ち抜いている。

 タイプの違う国ばかりだが、五輪やW杯では必ずこうなるだけに割り切って戦うしかない。重要なのは初戦で、夏の中2日の日程、登録も18人でタフでユーティリティーな選手が必要になる。私もシドニー五輪に出場したが思った以上に大変だった。

 初戦で勝てば優位になり、若い選手が多いので勢いもつく。オーバーエージも鍵で、戦力的に見ても、後ろに経験が豊富な選手がいた方がいい。ただ、オーバーエージ枠の選手がいろいろなものを背負ってプレッシャーを感じる危険性もある。

 今回はシドニー五輪のトルシエ監督と同様に森保監督がA代表と兼任なのでサッカーが同じ、選手の交流もあるのでオーバーエージ枠の選手も溶け込みやすい。そのあたりも注目したい。(元日本代表DF)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月22日のニュース