C大阪・クルピ監督 あす徳島戦で3試合ぶり指揮「ホテルに長く居すぎて脂肪が…」

[ 2021年4月13日 13:04 ]

徳島戦に向け、オンラインで取材に応じるレヴィー・クルピ監督

 C大阪のレヴィー・クルピ監督(68)が、あす14日の徳島戦(ヤンマー)で3試合ぶりに指揮を執ることになった。

 クラブ内でトップチーム関係者1人が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受け、濃厚接触疑い者となったことから6日の横浜戦でベンチ外に。その後、濃厚接触者に該当しないことが発表されたが、最大限の安全を保つために選手たちとの接触を避け、続く10日の福岡戦でもベンチから外れた。

 この日の練習からチームに合流した指揮官は、練習後にオンライン取材に応じた。「調子はいつも通りなんですけど、ホテルに長く居すぎて、脂肪が溜まりすぎてそっちの陽性が出たかもしれない」。いつもと変わらずジョークを飛ばした後は、徳島戦に向けて抱負を語った。

 「現場に立てるというのが何よりの喜び。相手をリスペクトしつつ、セレッソらしい攻撃的な姿勢を示しながら、勝利をサポーターの皆さんに届けようと話は選手たちにもしたました」

 3試合ぶりの白星をつかむため、自らも全力でタクトを振るう。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月13日のニュース