マンC フォーデンが終了間際決勝点、3季連続敗退の準々決勝突破へ前進

[ 2021年4月8日 05:30 ]

欧州チャンピオンズリーグ準々決勝第1戦   マンチェスター・シティー2―1ドルトムント ( 2021年4月6日 )

ドルトムント戦でゴールを決め、喜ぶマンチェスター・シティーのフォーデン=中央手前(AP)
Photo By AP

 マンチェスター・シティーは3季連続で敗れている準々決勝で先勝した。1―1の後半45分にMFフォーデンが決勝点。ゴール左でロングパスを受けたMFギュンドアンが巧みなトラップでつなぎ、成長株が落ち着いて決めた。

 殊勲の20歳は「好機をたくさん逃していたけど挑戦を続け、最後に実った」と満足げ。第2戦は引き分けでも突破となるが、ジョゼップ・グアルディオラ監督は「守りにはいかない」と必勝を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年4月8日のニュース