レアル先勝 ビニシウス2発で大一番貢献、ジダン監督「自信になるだろう」

[ 2021年4月8日 05:30 ]

欧州チャンピオンズリーグ準々決勝第1戦   レアル・マドリード3―1リバプール ( 2021年4月6日 )

リバプール戦でゴールを決め、喜ぶレアル・マドリードのビニシウス
Photo By ゲッティ=共同

 大会最多13度の優勝を誇るレアル・マドリードは6日、ホームでリバプールに3―1で先勝した。FWビニシウス(20)が2得点。初優勝を目指すマンチェスター・シティーはホームでドルトムントを2―1で破った。第2戦は14日に行われる。

 レアル・マドリードは得点力が課題だったビニシウスが大一番で輝いた。前半27分に先制点を挙げると、1点差と迫られていた後半20分に決定的な3点目。「クラブの外から僕のことを批判する人もいるけど、全力でプレーを続けるだけ。それが今日みたいに大事な時に強さになる」。これまで公式戦105戦12得点と物足りなさが残る数字だっただけに、ジネディーヌ・ジダン監督は「彼にはゴールが必要だった。自信になるだろう」と息をついた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年4月8日のニュース