×

横浜の前田大然が2発で浦和に快勝 3戦5発で大久保に並ぶ スプリント繰り返し守備でも貢献

[ 2021年3月14日 16:07 ]

明治安田生命J1第4節   横浜3-0浦和 ( 2021年3月14日    日産ス )

<横浜・浦和>前半3分、自身1得点目のゴールを決めマルコス・ジュニオールと喜ぶ横浜・前田(左)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 横浜はホームで浦和に3―0と勝利した。先発出場した東京五輪世代のFW前田大然(23)が2得点の活躍。3戦5発でC大阪FW大久保嘉人(38)に並ぶJ1得点ランクトップに踊り出た。

 勢いが止まらない。開始3分、「一回ニアに行くフリをして、うまく(DFの)背後を取れた」とFW仲川の右クロスにファーサイドから滑り込み、左足で3戦連続得点を決めた。同26分にも左クロスを仲川が胸で落とすと、右足を振り抜いてネットに突き刺した。

 「みんながハードワークして、こぼれてきているだけなので、本当にチームのおかげ」。前半だけで31回、後半16分の交代時には39回とこの日も異次元のスプリント回数で前線からのプレスでも献身的に貢献したFWは、謙虚に振り返った。
 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年3月14日のニュース