バルサ シュート数圧倒も逆転ならず、メッシPK止められた…

[ 2021年3月12日 05:30 ]

欧州チャンピオンズリーグ 決勝T1回戦第2戦   バルセロナ1-1パリSG ( 2021年3月10日 )

PKを外しぼう然とするバルセロナのメッシ(AP)
Photo By AP

 バルセロナは10日、敵地でパリSGと1―1で引き分けて2戦合計2―5で敗れ、14季ぶりに準々決勝進出を逃した。FWリオネル・メッシ(33)はゴールを決めた一方でPKに失敗。リバプールはブダペストで行われたホーム扱いのライプチヒ戦を2―0で制し、2戦合計4―0で2季ぶりに8強入りした。

 バルセロナは1―1の前半アディショナルタイムにメッシがPKを止められ、1―4で敗れた第1戦からの逆転が遠のいた。シュート数は21―7ながら後半に立て直してきた相手から得点は奪えず。FWグリーズマンは「4度の決定機にPKもあった。決められなければ難しくなる」と漏らした。

 前日敗れたユベントスのC・ロナウドとメッシがそろって8強を前に姿を消すのは05年以来。時代の移り変わりを示す結果となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年3月12日のニュース