浦和、柏木を放出へ 契約は解除せずレンタル含め新天地模索

[ 2021年2月17日 05:30 ]

浦和MF柏木陽介
Photo By スポニチ

 浦和は16日、沖縄キャンプ中の外食など、昨季から規律違反が続いたMF柏木陽介(33)の放出を正式決定した。戸苅淳フットボール本部長は双方協議の上、移籍する方針で合意したことを明言。現状、契約は解除せず、期限付きの移籍を含めて新天地を模索する。

 関係者によれば柏木サイドは既に神戸、J2京都、さらに仙台などJ1、J2の複数クラブに売り込んでいる状況。オーストラリアの複数クラブも獲得に興味を示す。問題行動を受けての移籍は簡単ではないが、浦和では移籍先決定までの環境面もサポートする。

 沖縄での外食では3杯程度の飲酒があったことも明かされ、柏木はクラブを通じ「自覚が足りず、このような行動に至ったことを深く反省しております」と謝罪。また管理責任として戸苅本部長ら強化幹部にも厳重注意処分が科された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年2月17日のニュース