C大阪、センターバック不在の危機 新加入の鳥海が左膝の故障で3カ月の長期離脱

[ 2021年2月16日 18:27 ]

3カ月の長期離脱が判明したC大阪の鳥海(右、写真は千葉時代)
Photo By スポニチ

 C大阪は16日、DF鳥海晃司(25)が左膝内側側副靱帯損傷を負い、全治3カ月と診断されたことを発表した。

 今オフにJ2千葉から完全移籍で加入したセンターバックは、宮崎キャンプ中だった1日に負傷して緊急帰阪。病院で検査を受けた結果、長期離脱を余儀なくされる形となった。

 今オフにはDFヨニッチ、木本が他クラブへ移籍。新加入のDFチアゴが入国制限によりまだ来日できておらず、鳥海も離脱したことでセンターバックが手薄な状況となっている。

 開幕を控え、クラブは元神戸のDFダンクレー(29)らの獲得に乗り出している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年2月16日のニュース