王者・川崎Fが前人未到のリーグ&ACLの2冠を目標に 鬼木監督「チャレンジしていきたい」

[ 2021年1月23日 18:26 ]

川崎Fの左からMF橘田健人(22)、MF小塚MF小塚和季(26)、鬼木達監督(46)、DF田辺秀斗(18)、MF塚川孝輝(26)
Photo By スポニチ

 昨季リーグ&天皇杯の2冠を達成した川崎Fは23日、公式YouTubeなどオンラインによる21年の新体制を発表。今季はリーグ&ACLの前人未踏の新たな2冠達成を目標に掲げた。

 今季就任5年目を迎える鬼木監督は「今年の目標はリーグ連覇を軸に、もうひとつはACL制覇にチャレンジしていきたい。JリーグとACLを同時に勝ったチームはない。Jリーグのチャンピオンとして魅力あるサッカーで目標に進んでいきたい」と意気込みを語った。。

 この日は新加入選手が初お披露目。名古屋から加入したMFシミッチはビデオ出演となったが、大分から加入したMF小塚和季(26)、J2松本から加入のMF塚川孝輝(26)、静岡学園高から加入のDF田辺秀斗(18)、桐蔭横浜大から加入のMF橘田健人(22)がサポーターにユニホーム姿を初披露した。

 期待の大型サイドバックの田辺は「空中戦には自信がある。まだまだ分からないことが多いですが、素晴らしい先輩方から学んで向上していきたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年1月23日のニュース