横浜FC・俊輔 25年目へ「覚悟」の背番10「自分にしかないプレー出す」

[ 2021年1月23日 05:30 ]

横浜FCのMF中村俊輔
Photo By スポニチ

 横浜FCの元日本代表MF中村俊輔(42)は“覚悟”を持って25年目のシーズンに臨む。22日にオンラインで取材対応。「46」から代名詞の「10」へ変更された背番号について、クラブ側の強い意向もあったというが「最後は自分の意思でつけたいというのはあった」と明かし「もう、覚悟ですね」と強い決意を口にした。

 昨年はケガの影響もあり出場は10試合のみで、得点はなし。今季は復活と最年長ゴールの期待も高まる。「そもそも1点ぐらいではというのが自分の中ではある」とし「もっと点を取りたいし、アシストもしたい」と話した。チームプレーを優先しつつも「去年で吹っ切れた。自分のプレー、自分にしかないプレーをどんどん出していこうかな」と誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年1月23日のニュース