横浜FC 高橋秀人&クレーベ獲り濃厚!来季に向け補強着々

[ 2020年11月27日 05:30 ]

横浜FCに加入した前鳥栖の高橋秀人
Photo By スポニチ

 横浜FCが来季新戦力として鳥栖の元日本代表MF高橋秀人(33)、J2千葉の元ブラジル代表FWクレーベ(30)を獲得することが26日、濃厚となった。複数の関係者が明かした。

 高橋は9月のFC東京戦で負った右肘関節後方脱臼のため離脱中だが、攻守のバランス、優れた戦術眼は健在。日本プロサッカー選手会の会長も務めるなど周囲の信頼は厚い。1メートル87と長身のクレーベは決定力はもちろん、周囲を生かすこともできる万能FW。今季は22戦6点、昨季は38戦17点と量産した。今季は目標のトップ10入りが厳しい状況だが、来季に向け、実力者の補強が進む。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月27日のニュース