FC東京・長谷川監督 マラドーナ氏悼む「すごく影響力のあった素晴らしいプレーヤー」

[ 2020年11月26日 18:13 ]

ACL上海申花戦の前日会見を行ったFC東京・長谷川監督(C)F.C.TOKYO
Photo By 提供写真

 FC東京の長谷川健太監督(55)が26日、フットボール界のスーパースターで元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏(享年60)の死を悼んだ。

 チームは再開したアジアチャンピオンズリーグに参戦しており、あす27日の上海申花(中国)と対戦。前日会見に臨んだ指揮官は「(86年W杯メキシコ大会の)イングランド戦の5人抜きを大学生の時にライブで見て、グラウンドでまねした記憶がある」と回想し、「それくらい我々の世代のサッカー選手に対してすごく影響力のあった素晴らしいプレーヤーだった」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月26日のニュース