ブラジル大臣、ネイマールの件で声明「連帯したい」

[ 2020年9月18日 05:30 ]

パリ・サンジェルマンのネイマール(AP)
Photo By AP

 フランス1部リーグ、パリ・サンジェルマンのネイマールが13日のマルセイユ戦で差別的な暴言を浴びせられたと主張した件で、母国ブラジルのアウベス女性・家族・人権相が「連帯したい。ネイマールが人種差別の被害者となったのはこれが初めてではない」と声明を発表した。

 ネイマールは、マルセイユのDFゴンサレスから「猿」と呼ばれたと主張している。試合中に暴力で報復したネイマールは退場処分を受け、16日に2試合の出場停止処分を科された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月18日のニュース