ボローニャ・冨安、“本職”センターバックで勝負

[ 2020年9月18日 05:30 ]

ボローニャの冨安健洋(中央)
Photo By 共同

 セリエAで2季目を迎えるボローニャのDF冨安は本職センターバックで勝負する。シントトロイデン(ベルギー)から加入した昨季は主に右サイドバックで29試合1得点3アシストと活躍。開幕に向けた強化試合は2試合ともにセンターバックで出場しており、ミハイロビッチ監督は「良いプレーをしている」と期待を寄せる。

 DF吉田は1月に加入したサンプドリアで残留に貢献。2季目の開幕は王者ユベントスと激突する。10連覇を目指すユベントスはピルロ新監督が就任。プロでの指導経験がないOB指揮官の手腕に注目が集まりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月18日のニュース