川崎F山村 天国の我が子にささぐ今季初ゴール 試合後に告白「3番目の子供を生後2カ月で…」

[ 2020年9月14日 05:30 ]

明治安田生命J1第16節   川崎F5―1広島 ( 2020年9月13日    等々力 )

<川崎F・広島>後半5分、山村(左)がシュートを決める(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 川崎FのDF山村が天国の子供にささげる今季初ゴールを決めた。2―0の後半5分。こぼれ球を拾い、強烈な右足ミドルをゴール右隅に突き刺した。ゴール後には感極まった表情を見せ、試合後に「今年は家庭で3番目の子供を生後2カ月で亡くしてしまった」と告白。「天国に活躍している姿を見せたかった」と話した。

 U―23日本代表MF田中は4試合ぶりの先発で復活の2発を決めた。最近は守田にアンカーのポジションを奪われ、この日も右MFで出場。それでも特長の前への推進力を生かし「この試合が最後のチャンスだと思った。結果を出せて良かった」と安どの表情だ。

 チームも終盤に1失点こそ喫したが5発快勝。山村で今季リーグ戦の得点者が15人となり、折り返し地点での総得点は52。王座奪回はもちろん史上3クラブ目となる年間100得点超えも見えてきた。 

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2020年9月14日のニュース