ボローニャ冨安 好守に奮闘も終盤に“落とし穴”まさかの2失点で白星スルリ…

[ 2020年7月14日 05:30 ]

セリエA   ボローニャ2―2パルマ ( 2020年7月12日 )

パルマ戦の前半、競り合うボローニャの冨安(手前左)
Photo By 共同

 ボローニャが土壇場で勝ち点3を逃した。

 DF冨安は敵地パルマ戦で右サイドバックとして10試合連続先発出場。前半16分にアシストをマークするなど攻守で奮闘したが、2―0の後半44分から味方負傷で本職のセンターバックに戻ると、直後のアディショナルタイムに2失点を許した。デレオ戦術担当コーチは「確かに最後のプレーはもう少し、きちんとやらなければならなかった」と、冨安ら選手たちに反省を求めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月14日のニュース