J2京都 実好監督、リーグ再開へ「メリハリを付けてやっている」

[ 2020年6月7日 13:25 ]

オンライン取材に応じるJ2京都の実好監督(C)KYOTO SANGA

 J2京都の実好監督が7日、オンライン取材に応じた。チームは6月2日の全体練習再開から6日経過。「激しくやるところと抑えるところのメリハリを付けてやっている」と27日のJ2リーグ再開へ向けて準備を進めていることを強調した。

 新型コロナウイルス禍のため約2カ月間の自粛。すでに対人形式メニューも行っているが、選手個々によって「コンディションの差は大きい」といい、今後は「個別に対応しながらバランスを取っていきたい。(リーグ再開まで)3週間あれば劇的に変わることもある」と選手1人1人に合わせた調整法も導入する考えだ。

 13日に予定されていた練習試合・名古屋戦はキャンセル。G大阪との練習試合1試合しかできずにリーグ戦再開を迎える可能性もあるものの、指揮官は「トレーニングを重視している。質を高くやっていく」と前向きに話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月7日のニュース